四十肩治療〜痛みを緩和する7つのポイント

MENU

注射で治す方法

四十肩 注射

 

四十肩の激痛に対する応急処置として、
神経ブロック注射が用いられていますが、
それ以外にも、注射で治す方法があるのをご存知でしょうか?

 

  • 注射でも、四十肩の根本的な改善につながるのか?
  • 四十肩に有効な注射には、どんな種類があるのか?
  • 注射で治療するとしたら、費用や回数はどれほどなのか?

 

以上のポイントについて、説明していきます。

 

 

四十肩に有効な注射とは?

ブロック注射以外に、四十肩の治療に用いられているのは、
以下の2種類の注射です。

 

ステロイド注射

ステロイドとは、副腎皮質ホルモンの一種です。
ステロイドには、炎症を抑制したり、
免疫反応を弱める
作用があります。

 

本来、人体で生成されるステロイドを、
人工的に薬剤として合成したものが、注射で投与されます。

 

ステロイド注射の主な効果は消炎・鎮痛作用であり、
以下のような症状があるときにおすすめです。

 

  • 急性期の炎症により、激しい痛みがある
  • 疼くような痛みが続いている

 

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は、肩関節の関節液を構成する成分のひとつで、
関節の動きをなめらかにする潤滑作用があります。

 

加齢によって、ヒアルロン酸が減少すると、
肩関節や腱のこすれ・摩耗によって、
痛みが発生することがあります。

 

ヒアルロン酸注射では、関節液にヒアルロン酸を補給することで、
正常な関節の働きをサポートする
効果があります。

 

ヒアルロン酸注射は、以下の症状がある人におすすめです。

 

  • 肩を動かすと痛みがある
  • 肩を動かせる範囲が狭い

 

つまり、痛みの原因が炎症にある場合はステロイド注射、
関節液減少にある場合はヒアルロン酸注射が有効
ということです。

 

まずは、痛みの原因を突き止め、
自分にとって効果のある注射を選択することが重要です。

 

例えば、炎症が原因なのにヒアルロン酸注射をしても効果がなく、
逆に、関節液に問題がある場合は、
ステロイド注射を打っても再び痛みが発生します。

 

 

ステロイド注射で治すには?

四十肩 注射

 

ステロイド注射で四十肩の治療を行う場合、

  • 費用
  • 治療期間
  • 回数

などの目安は以下のとおりです。

 

注射の費用

1回、数千円以内が平均的です。

 

治療期間、回数

ステロイド注射を打つと免疫力が低下するため、
多用はできません。

 

そのため、1回打ったら数ヶ月以上のスパンを空ける必要があります。
注射の回数や間隔については、医師の判断に従いましょう。

 

副作用など注意点

糖尿病の人の場合、ステロイド注射によって、
関節炎や骨の変形が起きるリスクが高いです。

 

また、その他臓器や目の疾患を持っている人も、
合併症のリスクが高まるため、
使用の判断は医師の指示の元、慎重に行うべきです。

 

 

ヒアルロン酸注射で治すには?

四十肩 注射

 

ヒアルロン酸注射で四十肩の治療を行う場合は、
目安は以下のとおりです。

 

注射の費用

1回、2000円前後が平均的です。

 

治療期間、回数

期間 1週間に1回
回数 3〜5回

 

ヒアルロン酸の効果は長期間継続しないので、
定期的に打つ必要があります。

 

上記の目安で治療後も、四十肩が完治するまでは、
2〜4週間に1回の頻度で継続する場合もあります。

 

副作用など注意点

肩関節に使用する場合、ヒアルロン酸の副作用は、
特に心配は要りません。

 

しかし、回復するのは関節のクッション性や可動域に留まり、
関節の損傷までは治療できないので注意してください。



 

 

骨盤調整で根本から、肩の痛みを治す!

整え得

※即効性は求めず、痛みの原因からアプローチして、きっちり治したいならお勧めです。

 

「カ・ラ・ダ ファクトリー」が人気の理由

  • 海外国内260店舗以上、975万人の施術実績
  • 独自のA.P.バランスR理論で、体の中から改善
  • 薬などと違い安全で、痛みの元を無くして改善を図る
  • 原因から改善していくので、再発しにくい
  • 初回はお手軽料金で試せる

 

>> 私も体の元から改善して、肩の痛みを治す!