MENU

完治までの期間は?

kata13.png四十肩がどのくらいの期間で完治するのかは、個人差もありますが、
順調に治療が進めば大体3か月〜半年で症状が気にならなくなる人が多いです。

 

一生の病気ではない

完治というのは、四十肩の

  • 急性期
  • 慢性期
  • 回復期

すべての期間を含めたものと考えると、
長ければ治療に1年以上を要する場合もあります。

それでも、2年もたつ頃には患者の9割が症状が落ち着いて、

3年以内には100パーセント完治するのが一般的です。

 

しかし、四十肩の経験がある人たちの中には、

「ある日突然治った!」

という人もいます。

 

 

四十肩の痛みが一番強い時期である急性期に限って言えば、その人に合った
治療法であれば、数日〜1週間で痛みが気にならなくなった方もいます。

 

つまり、症状自体は完全に治るまで、数年かかるとしても、
痛みが出ない状態になるまでは、数日程度でOKなこともありるわけです。
ですので、「完治するまで何年もかかるのか......」なんて落ちこまず、
前向きに治療に励むことが大事です。

 

また、四十肩を再発させない限りは、一生苦しむ病気ではないのでご安心ください。

 

リハビリが大切

ただし、これは整形外科や接骨院で定期的に適切な治療を受けて、
ご自分でも地道にリハビリを続けることが前提の話です。
腕が上手く動かせない、まだ痛みが気になるからと言って、
長期間肩周辺を動かさないでいると、筋肉のこりがひどくなってなかなか治りません。

 

運動不足の人よりも、やはり日ごろから
身体をよく動かしている人のほうが治りが早い傾向があります。

 

四十肩の完治までの期間を短くするためには、
安静にしておくべき急性期を過ぎたら、適度に肩の関節を動かして、
リハビリを欠かさないのが非常に大切です。



 

 

骨盤調整で根本から、肩の痛みを治す!

整え得

※即効性は求めず、痛みの原因からアプローチして、きっちり治したいならお勧めです。

 

「カ・ラ・ダ ファクトリー」が人気の理由

  • 海外国内260店舗以上、975万人の施術実績
  • 独自のA.P.バランスR理論で、体の中から改善
  • 薬などと違い安全で、痛みの元を無くして改善を図る
  • 原因から改善していくので、再発しにくい
  • 初回はお手軽料金で試せる

 

>> 私も体の元から改善して、肩の痛みを治す!