MENU

四十肩の治療法

病院での手術や薬、鍼灸マッサージ・整体・カイロプラクティックでの四十肩治療法はどのように行われるのか、その利点や注意点、仕組みの解説を行います。

 

四十肩の治療法記事一覧

四十肩の病院での手術は、現在「関節鏡視下授動術」という方法が主流になっています。関節鏡視下授動術とは、まず全身に麻酔をしてから1センチよりも小さな穴を開け、そこに関節鏡を入れて映像で確認しながら行う手術法となっています。癒着を剥離したり、靭帯を切断する、骨棘を削る、可動域の狭まりを改善させるといった目的でも行われます。関節鏡視下授動術のメリット・デメリットメリット施術時間が1時間程度と短時間で終わ...

四十肩は病院で処方される外用薬や市販薬を利用することで、痛みがかなり軽減され治療がぐっと楽になります。貼付薬四十肩の薬の中でも最も一般的なのがパップ剤プラスター剤などの貼付薬です。これを患部に張り付けることでほぼ一日に渡って、消炎・鎮痛効果が得られます。ただし、貼付薬は患部を冷やすのが目的ではありませんので、一日に何度も張り替えないでください。痛みがひどいときは、消炎成分であるインドメタシン配合の...

四十肩の激痛に対する応急処置として、神経ブロック注射が用いられていますが、それ以外にも、注射で治す方法があるのをご存知でしょうか?注射でも、四十肩の根本的な改善につながるのか?四十肩に有効な注射には、どんな種類があるのか?注射で治療するとしたら、費用や回数はどれほどなのか?以上のポイントについて、説明していきます。四十肩に有効な注射とは?ブロック注射以外に、四十肩の治療に用いられているのは、以下の...

鍼灸マッサージは強く揉んだり無理に矯正させるといった治療法ではありませんので、腕や肩を動かせない四十肩の急性期に、痛みを緩和させる方法としては特におすすめです。鍼灸治療では細い針を体に刺して自律神経を刺激し、血行を促進させ、さらにエンドルフィンと呼ばれる幸福ホルモンの分泌が増えますので、これが四十肩の痛みや筋肉のこりを緩和させてくれるのです。急性期の治療におすすめ急性期の炎症や痛みは一般的に2〜3...

整体やカイロプラクティックに通って自然治癒力を高めると、四十肩の治りも早くなることが期待できます。根本からの改善四十肩になるのは、日ごろの姿勢や運動不足のせいで骨格全体のバランスが崩れているからとも考えられます。猫背になっている人などは、肩甲骨が圧迫されてあまり動かせませんので、それがしだいに腕の動きにまで影響していきます。四十肩を根本から治すためには、肩関節の炎症やコリを解消するだけでなく、その...

四十肩の痛みを和らげるために、動体療法やAKA療法などの、いくつかの筋肉療法が考案されています。正直、私はやったことがありませんし、情報もあまり多くないので、効果はどれくらいのあるのかなど、詳しいことはわかりません。ただ、情報として知っておいて損はないですし、一般的な治療法では満足できない方、時間的・金銭的に余裕のある方は検討しみるのもいいかもしれません。動体療法動体療法は、応用運動機能学(キネシ...

カッピング(吸玉)療法という、民間療法をご存知でしょうか?四十肩で悩んでいる人の中には、カッピング療法で、症状が楽になった!という声もあります。カッピングって、誰にでも簡単にできるの?四十肩にはどんな効果があるの?そんな疑問にお答えしていきます!カッピングとは何?そもそもカッピングとはどのような治療法なのか、仕組みとその効果について、説明します。カッピングの歴史カッピングは、中国インドヨーロッパな...

四十肩がどのくらいの期間で完治するのかは、個人差もありますが、順調に治療が進めば大体3か月〜半年で症状が気にならなくなる人が多いです。一生の病気ではない完治というのは、四十肩の急性期慢性期回復期すべての期間を含めたものと考えると、長ければ治療に1年以上を要する場合もあります。それでも、2年もたつ頃には患者の9割が症状が落ち着いて、3年以内には100パーセント完治するのが一般的です。しかし、四十肩の...

骨盤調整で根本から、肩の痛みを治す!

整え得

※即効性は求めず、痛みの原因からアプローチして、きっちり治したいならお勧めです。

 

「カ・ラ・ダ ファクトリー」が人気の理由

  • 海外国内260店舗以上、975万人の施術実績
  • 独自のA.P.バランスR理論で、体の中から改善
  • 薬などと違い安全で、痛みの元を無くして改善を図る
  • 原因から改善していくので、再発しにくい
  • 初回はお手軽料金で試せる

 

>> 私も体の元から改善して、肩の痛みを治す!